脇の黒ずみ:ワキ脱毛すると肌の黒ずみが消えるって本当?

くすみ・黒ずみ・肌トラブル
ミュゼ・プラチナムでの脱毛って、実際どんなカンジ?こっそりお教えし ...
◎まるねこママ
◎まるねこママ

こんにちは!◎まるねこママです!
サロン脱毛ではムダ毛がなくなること以外にもいろいろなメリットがあると言われていますよね。
その中の1つが「サロンで脱毛をしたら脇の黒ずみが消えた」というもの。
ムダ毛がなくなったらノースリーブや水着を着る機会も増えそうだし、脇の黒ずみが消えて肌がきれいになったら嬉しいですよね。
でも、なぜ脱毛することで黒ずみが消えるのか、不思議ですし、本当に脱毛すると脇の黒ずみが消えるの?と疑問に思っている人も多いと思います。
そこで今回はワキ脱毛と黒ずみの関係についてお話します。

全身脱毛にかかる料金の相場は?脱毛サロン・医療脱毛

医療脱毛を始めるタイミングはいつから(何歳)がベスト?
埋没毛があってもサロン脱毛できる?埋もれ毛の原因と予防法

ワキの肌の黒ずみの原因は?【脱毛で黒ずみが消える?】

脱毛のなぜ??

肌の黒ずみを消すにはまず
なぜ肌が黒ずんでしまうのか
という黒ずみができる原因を知ることがポイントになります。

そもそも、
肌が黒ずんでしまうのは皮膚の中に色素が沈着するのが大きな理由です。

肌の黒ずみの元になっているのはメラニン色素で、
肌のメラニン色素は肌を守るためにつくられます。

本来、
肌の表面近くにメラニン色素ができても新陳代謝による肌の入れ替わりで時間とともに黒ずみが薄くなり次第に消えてなくなっていきます。

ですが、
肌のターンオーバーが乱れるとメラニン色素がうまく排出されず、
肌の中に溜まったままになってしまうことがあります。

また、
肌の表面近くではなく、
奥のほうにある真皮層にメラニンができると排出が難しく黒ずみとして残ってしまうこともあります。

では「肌を守るため」というのはどういうことなのか?

肌の中でメラニン色素が作られる原因になることはいろいろあるります。

その中でも、
「脱毛によって脇の黒ずみが消えた」と感じる場合、
一番考えられるのはムダ毛の自己処理が原因の肌の黒ずみです。

自分でムダ毛のケアをする場合はカミソリや毛抜き、
脱毛クリームでの脱毛が一般的ですよね。

こういったムダ毛処理は手軽で自分でも簡単に行えますが、
実はこれらのムダ毛の処理は毎回肌に大きなダメージを与えているんです。

さらに毛が生える度に自己処理をしなければいけないので肌に繰り返し負担をかけることになります。

肌表面への刺激によってメラニン色素が作られるのを促してしまったり、ダメージを受けた肌が元に戻ろうとする時にメラニン色素を集めてしまうことで肌に黒ずみができてしまうんです。

特に脇やVIOは肌が薄くデリケートなので黒ずみができやすい部分でもあります。

デリケートゾーンの黒ずみの原因と対策

ワキ脱毛すると脇の黒ずみが消えるって本当?

おためし価格始めました。~脇脱毛・膝下脱毛・ヒゲ脱毛~|岐阜 皮膚 ...

では、
そのようにしてできてしまった黒ずみを脱毛サロンに通うことで消すことができるのか?

というと、
実のところ脱毛をすることで黒ずみを消せるということはありません。

残念ですが肌にもともとあった黒ずみをサロン脱毛で消すことはできません。

ただ、今まで続けてきた習慣をやめることによって、
サロン脱毛することで黒ずみが薄くなったように感じる人もいます。

どういうことかというと、
サロン脱毛を始めることで徐々に毛の量が減っていくことでムダ毛の自己処理の回数が減りますよね。

さらに、
自己処理に比べてレーザー脱毛や光脱毛といったサロンの施術は肌へのダメージが少ないです。

そういったことから肌のターンオーバーが正常に戻り肌表面のメラニンの排出がしやすくなるとともに、肌への刺激が減って新しく黒ずみができるのを減らせる可能性はあるということです。

定期的にムダ毛の自己処理をして黒ずみを重ねていた人の場合、
新たな黒ずみがつくられなくなることで「黒ずみが解消した」と感じることがあります。



脱毛ラボの口コミ

脇の黒ずみを予防するケア方法

デリケートゾーンの黒ずみの原因と対策

専用石鹸で洗う

脇などのデリケートゾーンは刺激にとても弱い場所なので、
全身に使うような洗浄力の強い石鹸では刺激が強すぎてしまう場合があります。
黒ずみが気になる方は
デリケートゾーン専用のソープで洗いこれ以上悪化しないように心がけましょう。

FEMIDEOフェミデオ

・ニオイ+黒ずみの同時解決商品
・フェミデオ独自のピュアリーキープ方式ケア
・180日間の満足度返金保証付き
・美容成分を高濃度配合+濃密な泡立ち+たっぷり容量80g(約1ヶ月分)
・満足度97.9%、リピート率86.1%、おすすめ度82.7%

公式HPはこちら

FEMIDEOフェミデオ

PRIZIA~プリジア~

「デリケートゾーンの新習慣ソープ」
・安心の日本製!
・一般的なボディーソープとは違い、デリケートゾーンに合わせたpH値に設計されている。
・低刺激、アミノ酸洗浄成分配合
・ラウレス硫酸Na,ラウリル硫酸Na(界面活性剤)不使用
・13種類の植物オイル配合
・カキタンニン(防臭効果・除菌効果)配合
・「ノンフレグランス」と「ジャスミン&リリーベル」の選べる2つのタイプ!
・バスルームに置いてもかわいい♪

新発想!デリケートゾーンケア【プリジア】

☆PRIZIA~プリジア~☆

専用のクリームでの保湿

脇などのデリケートゾーンの黒ずみは肌トラブルの一種。
なので、
黒ずみが気になる時は美容成分がたっぷり入ったクリームで保湿してあげることが大切です。
また、デリケートゾーンの皮膚がカサカサしていると、くすんでいる感じになり、
実際に皮膚が黒くなっているのではなく「乾燥クスミのせいで黒っぽく見える」という事もあります。

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

◇人気女性誌5誌で『黒ずみケア部門第1位』獲得!!◇
InRedやmini、MOREやSPRiNG、steady等の人気雑誌で
【人気モデルも愛用する今、話題のアイテム】
【友達にもオススメしたい、No,1アイテム】として
満足度ランキング、黒ずみケア部門第1位を獲得しました。

自己処理によるダメージ、蒸れ、洗い過ぎなどの間違ったケアを行うことでおきてしまう、
メラニン色素の過剰分泌(=黒ずみの原因)をしっかりケアしてくれる商品です。
メラニン色素沈着抑制作用のある有効成分「水溶性プラセンタエキス」が、
黒ずみの原因となるメラニン色素の生成を抑制。
脱毛や下着の擦れなどで傷ついた肌の炎症を穏やかにする有効成分を持つ、
「グリチルリチン酸2K」を配合しています。

黒ずみの大敵「乾燥」。
ハーバルラビットナチュラルゲルクリームはそんな根強い黒ずみへの対策として、
プラセンタ、ビタミンC誘導体、米ぬかエキス、グリチルリチン酸2Kの
4つの美白・潤い成分をたっぷり、ぎゅっっと配合しました。

ハーバルラビットゲルクリーム

アソコ訴求

ニベア

デリケートゾーンの皮膚がカサカサしている、
くすんでいるという方、「乾燥クスミのせいで黒っぽく見える」という場合は、
ニベアなどでも改善が可能です。
デリケートゾーンは下着やタイツなどが触れて常に摩擦がある状態なので、
意外と乾燥しやすい部位です。
保湿することで保湿剤の成分が肌をカバーし、摩擦による乾燥をおさえられます。
しかし、ニベアには、
保湿成分しか入っていませんので、
メラニンによる黒ずみの改善へのアプローチの手立てがありませんので注意が必要です

脇の黒ずみにおすすめなケア対策・改善方法

◎まるねこママ
◎まるねこママ

脇の黒ずみは
正しいケアを行う事で比較的改善しやすい肌トラブルです。

それでは早速、ケア対策・改善法を見ていきましょう。

脇には専用クリームで!!

イビサクリーム

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

カッコイイ、女であれ。イビサクリーム デリケートゾーンケア人気No.1イビサシリーズ
イビサクリームのポイント!
・VIO専用だから肌に優しい
・保湿・美肌成分も配合
・国が効能効果を認めた医薬部外品
・乳首やヒジ・ヒザ・ワキの黒ずみにも使用可能!

厚生労働省から効能を認められた医薬部外品なので安心して使用ができます。
万が一お肌に合わなければ、28日間の返金保証付きです。

1本でちょうど1ヶ月分なのですが、
通常価格1本7,000円のイビサクリームが今なら1本4,900円と大変お買い得になっています。

1ヶ月後には今よりもデリケートゾーンの黒ずみが薄くなっていると感じるはずです。
美容外科での治療ですと数万はかかってしまいますので、それとくらべると悪くないのではないでしょうか!?

↓詳しくは公式HPへ↓
デリケートゾーンの黒ずみ専用ジェル!【イビサクリーム】

PinkishBeauté(ピンキッシュボーテ)

デリケートゾーン訴求

医薬部外品で安全で安心の美白効果。
どこよりもお得なトクトク集中ケアコースは,
初回無料(送料相当650円)で始められる定期コース。

PinkishBeauté(ピンキッシュボーテ)公式HP

デリケートゾーン訴求

脇が黒ずみしない自己処理(脱毛)方法はどれ?

デリケートゾーンの脱毛は痛い?効果は?気になるメリデメまとめ

下手な自己処理は黒ずみ悪化のもと。

できれば処理しないのが一番なのですが、
かといってボーボー状態で放置しておくわけにもいかないですよね。

どのような自己処理方法なら黒ずみにくいのかを確認しておきましょう。

『処理方法1.カミソリ』

一番手軽な自己処理が、カミソリを使う方法。

T字タイプ・スティックタイプの2種類が主ですが、
デリケートゾーンのような細かい部分は「スティックタイプ」を使う方が多いようです。

メリットは、毛の生え際からしっかり剃れることです。
うまく剃れれば、剃り跡はツルツル。
手で触っても毛があったことを感じさせないので、
チクチクするのが嫌だという方に人気があります。

一方デメリットは、処理後数日でチクチクと毛が生えてくること。
表面に出ている毛を剃るだけなので、頻繁に処理しなければいけません。
2~3日は綺麗だという人もいれば、1日たたずにチクチクと出てきてしまうという人も…。

また肌表面にカミソリの刃が直接触れてしまうため皮膚刺激が大きく、
黒ずみリスクも一番高いです。

剃った後にヒリヒリと赤みが出たり、
痒みが出るというトラブルも。

処理前にローションで保護しておく、
処理後は保湿剤で乾燥を防ぐなどして、
デリケートゾーンの皮膚をしっかり守ってあげましょう。

『処理方法2.毛抜き』

毛抜きは、カミソリと並んで定番の処理方法です。

1本1本抜いていくので広範囲の処理には向きませんが、
気になるところだけをピンポイントで処理するのに向いています。

メリットは、
一度処理すると効果が長持ちすること。
毛の根っこから引き抜くので、
長いと1~2週間ほど処理しなくても綺麗な状態が続きます。

デメリットは、2つ。

1つ目は毛がうまく抜けなかった場合、
「埋没毛」が出来てしまうこと。
途中でブチッと切れてしまった毛が、
皮膚の中で埋もれてしまう状態のことです。
見た目に良くないのはもちろんのこと、
炎症が起きたり、ブツブツでさわり心地が悪くなってしまうことがあります。

2つ目は、皮膚トラブル。
毛根から引っこ抜くと、毛穴にはポッカリ穴が開きます。
そこに皮脂や汗、ほこりといった汚れが詰まると、毛穴が黒ずんだり、炎症が起きてしまうことも。
また毛抜きの刺激は、カミソリと同じくメラニン生成を促進してしまいます。

特にデリケートゾーンは皮膚が薄く敏感な部分なので、
黒ずみが気になるなら毛抜きは使わない方が良いかもしれません。

『処理方法3.除毛剤』

皮膚表面に出た毛を薬剤で溶かし、
除毛する方法します。

毛抜きと違って皮膚の内側にある毛は処理できないので、
カミソリに近い処理方法です。

メリットは、
一度に広範囲を処理できること。
薬剤を塗って一定時間待つだけで、一度にムダ毛がなくなります。
またカミソリのように表面を剃らないので、処理後の毛の断面がチクチクしにくいのも嬉しいですね。

デメリットは、
刺激が強いこと。
毛を溶かす薬剤は強力です。
毛だけではなく、肌表面にもかなり強い刺激を与えます。

デリケートゾーンのような敏感な部位に使うと、
皮膚がただれたり、皮が剥けてしまうといった重大なトラブルになりかねません。
ただれや皮むけは、カミソリで処理する以上に皮膚の刺激となります。

つまり、
黒ずみの原因となるメラニン生成が活発になってしまうということです。

また市販の除毛剤のほとんどは腕や足用。
注意書きを読むと、
デリケートゾーンのような敏感な部位に使えないものがほとんどです。

必ずパッケージの注意書きを確認したうえで、
デリケートゾーンに使うかどうか判断されるようにしてください。

除毛・脱毛クリームのメリットとデメリット・使い方

『処理方法4.ワックス』

最近は都心部を中心に、
ブラジリアンワックスのお店が増えてきましたね。

VIOなどデリケートゾーン専用のお店もあるので、
定期的に通っているという方もいらっしゃるかもしれません。

ワックス脱毛の方法はシンプルです。
毛が気になる部分に油性もしくは水性のワックスを塗り、
乾いたら一気にビリッと剥がします。

痛みは相当のもので、
ここで紹介する処理方法の中では断トツです。
ガムテープをデリケートゾーンに貼って剥がすときの、
3倍くらい痛いとイメージしてもらえばいいかもしれません。

メリットは、
綺麗な状態が長持ちすること。
原理的には毛抜きで一気に引き抜くようなものなので、
1~2週間ほど綺麗な状態が続きます。

デメリットは、
毛穴が開いたり、真っ赤になったりと皮膚トラブルが大きなこと。
一度にワックスを剥がすときの皮膚刺激は、黒ずみ悪化のリスクも伴います。

刺激や乾燥リスクが毛抜きよりも高いので、
定期的にワックスで処理する場合は注意が必要です。

『処理方法5.ヒートカッター』

毛の長さを整えるための道具です。

デリケートゾーンはスティックタイプが主流で、
電熱線を毛にあてて焼き切ります。
皮膚に直接電熱線が触れないような設計になっており、
根元から毛を処理することはできません。

メリットは、
皮膚刺激がほとんどないこと。
他の自己処理方法と違って、皮膚に直接刺激を与えません。
黒ずみが気になる方でも安心して行える処理方法です。

デメリットは、
根元から剃れないこと。
カミソリや電気シェーバーのように肌に触れないので、
根元から綺麗に処理することが出来ません。
出来るのは、
今生えている毛の長さを整えることだけです。

つまり、余計なところに生えた毛を処理したい、
デリケートゾーンの形を整えたい・・・
という時には使えません。
そのため、
カミソリや電気シェーバーにプラスして使っている方が多いようです。

脱毛ラボの口コミ【家庭用脱毛器ホームエディション:Datsumo Labo Home Edition】

『処理方法6.電気シェーバー』

今回紹介する自己処理方法の中で、
オススメの処理方法が電気シェーバーです。

VIO脱毛のサロンやクリニックでも、
デリケートゾーンの処理には電気シェーバーを勧められます。

メリットは、
カミソリよりも肌に刺激を与えないこと。
電気シェーバーは外刃と内刃が組み合わせって作られており、
カミソリと違って刃が直接肌に触れません。
剃るときの刺激はゼロとは言いませんが、
カミソリと比べると黒ずみのリスクは低いと言えるでしょう。

デメリットは、
カミソリほど深剃りできないこと。
直接肌に触れないので、剃った後のお肌がツルツルにはなりません。
毛の頭が少し出ていたり、
見た目は綺麗でも触ると少しチクチクしていたりします。

また、表面の毛しか処理できないので長い人で2~3日、
短い人だと1日たたずに新しい毛が伸びてきてしまいます。

脇の黒ずみについてまとめ

ワキの黒ずみを減らしたい場合、
自己処理でもサロンの施術でもアフターケアがとても重要になります。

脱毛の施術後は肌が乾燥しやすくなるため、
脇にも化粧水で水分補給をしたり、乳液やボディクリームを重ねて保湿ケアするのがポイントです。

脱毛サロンでは施術のあとに脇に保湿ローションを塗ってくれますが、
ワキ用の保湿アイテムを店頭で販売しているサロンも多いです。

脱毛の施術後の肌をしっかり保湿してダメージを軽減することで黒ずみになるのを抑えることにつながります。

また、
自己処理による肌への刺激以外にも肌の黒ずみの原因はいろいろあります。

例えばタオルやブラシで肌を強くこすったり、
きつい下着を長時間つけることでの締め付けによる肌の摩擦。

ふだんから肌には優しくふれるように心がけ、
ゆったりとした服装のほうが肌の摩擦による黒ずみはできにくいです。

加齢によって徐々にターンオーバーが遅れてしまったり、
ホルモンバランスの乱れによって黒ずみができやすくなることもあります。

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンはメラニン色素を増やすといわれていて、
生理中などに分泌が増えることで黒ずみができやすくなります。

加齢やホルモンバランスによるターンオーバーの乱れは仕方のないところもあります。

ですが、
食事や睡眠に気をつけるなど規則正しい生活を心がけることで
ターンオーバーの周期を整えるて黒ずみを作りにくくしたり、排出しやすくすることはできます。

また、
紫外線は肌のバリア機能を壊し肌を乾燥させることでターンオーバーを乱します。

紫外線にはメラニン色素を過剰に作り出すはたらきもあるため、
ターンオーバーが乱れてメラニンをうまく排出できないのに
過剰に作られるので色素が沈着して黒ずみになってしまうことがあります。

紫外線対策でワキはあまり意識しないところなので
肌を出す時は日焼け止めの塗り忘れのないようにすることが大切です。

プレマームの効果口コミ黒ずみにも

【まとめ】ワキ脱毛をすると黒ずみも消える??

脱毛した女性の脇の下- フリー素材 ぱくたそ

脱毛サロンに通うことで今すでにあるワキの黒ずみを消すことはできませんが、
新たな黒ずみを作らなくなることで脇の黒ずみがきれいになったと感じることはあります。

ワキ脱毛が進むとノースリーブなど脇の肌を露出する機会も増えるので、
脇の黒ずみをつくるいろいろな原因に対処していくとでより黒ずみが薄くすることにつながりますよ。

きれいなワキをキープするためにぜひ心がけてみてくださいね。


【脱毛】脱毛すると脇汗が増えるって本当?

肉割れ消す
八重洲セムクリニックの口コミNIPT

妊娠線予防クリーム人気ランキング 
乳液仮面返しのやり方・効果とおすすめ乳液&フェイスマスク
優しいケアなら乳液ピーリングがおすすめ
乳液ピーリングの効果とやり方
おすすめピーリング石鹸
スキンピールバーの口コミ

コメント

  1. […] […]

  2. […] 脱毛をはじめるほとんどの人が一番最初にとりかかるパーツですが、脇は全身の中でも回数が必要な部位です。6回目あたりから毛が減り始めるなど脱毛の効果を感じてきます。ワキは太くて固い毛で量も多いため施術を続ける中で変化を感じやすいです。ただその分、ツルツルにするにはかなりの回数が必要でもあります。完璧に終わらせるには施術の回数が20回を越えることもあります。→【参考】ワキ脱毛で黒ずみもなくなる?→【参考】脱毛するとワキ汗が増えるって本当? […]

  3. […] ↓【脇の黒ずみ】ワキ脱毛すると肌の黒ずみが消えるって本当?↓ […]

  4. […] 完璧に終わらせるには施術の回数が20回を越えることもあります。→【参考】ワキ脱毛で黒ずみもなくなる?→【参考】脱毛するとワキ汗が増えるって本当? […]

  5. […] […]

タイトルとURLをコピーしました