アンダーヘアを脱毛するメリットとデメリット【VIO脱毛】

脱毛
アンダーヘアを脱毛するメリットとデメリット【VIO脱毛】
◎まるねこママ
◎まるねこママ

最近は光脱毛が主流になり、

手頃な価格で全身脱毛を受けられるサロンも増えています。
そのため、

以前は脱毛といえばワキや腕、
脚などパッと目に付くところが人気でしたが、

脱毛そのものが一般的になったことで
「VIOとよばれるアンダーヘアの脱毛」
にも興味を持つ人が増えました。
ですが、

アンダーヘアについては話題にするのがなんとなく恥ずかしいという人が多いです。
そのため、

アンダーヘアの脱毛に興味はあるけどなかなか人に聞くことができない、

という人もいますよね。
そこで今回はアンダーヘアの脱毛のメリットやデメリットなど、

アンダーヘア脱毛の基本をまとめて紹介します。

全身脱毛の相場は?おすすめサロン

VIOの白髪は脱毛できない!?陰毛白髪の原因と対策まとめ

アンダーヘアのVIOとは

◎まるねこママ
◎まるねこママ

アンダーヘアの脱毛部位は「VIO」とよばれています。
アンダーヘアの脱毛に興味があるとVIO脱毛という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、はじめてだとVIOの意味がわからないですよね。
実はVIOというのはアンダーヘアの3つの脱毛部位のことなんです。
VIOはそれぞれVラインIラインOラインにわけることができます。

VIO脱毛をわかりやすく解説

Vライン

Vラインはビキニラインとも言われていて、
デリケートゾーンの上の方の部分、正面から見てわかるところです。

脚のつけねあたりに生えているムダ毛を処理することが多いです。

アンダーヘアの中でも毛量が多い部分なので脱毛することで、
ムダ毛がはみ出すのを防いだり、アンダーヘアでショーツや水着が膨らんでしまうのを防げます。

Iライン

Iラインは股の間のショーツの底で隠れる部分のことで、
体育座りをした時に正面から見える股の間の部分です。
女性器の両側の細長い部分をいいます。

Oライン

Oラインはお尻の穴のまわりのことです。

脱毛はどの部位からはじめるのがいい?人気のパーツは?

アンダーヘアを脱毛するメリット

アンダーヘアを脱毛するメリット

アンダーヘアはふだんは洋服で隠れているので人から見えることはありませんよね。
そのため、
脱毛でも後回しにしがちなパーツなんですが、
実は脱毛することでいろいろなメリットを感じることができます。

まず1番わかりやすいメリットは、
下着やビキニからムダ毛がはみ出るのを防げることです。

アンダーヘアの毛の量を減らすだけでも水着や下着を着た時のムダ毛によるふくらみがなくなって印象がきれいになります。
水着になる季節や旅行に行くときなどデリケートゾーンのあたりが人目にふれる機会は限られますが、意外と気にしている人が多いです。

次にアンダーヘアに汚れがつくのを防げます。
排泄物やおりもの、生理中の血が毛につかなくなることでデリケートゾーンを衛生的に保つことができます。

ムダ毛がなくなることでムレなくなり、
雑菌の繁殖を抑えたり、臭いやかぶれを軽減することで快適にすごせるようになります。

さらに、
デリケートゾーンは自己処理での肌トラブルが多い部分でもあるのでは肌トラブルをなくせるのもいいところです。

脱毛ラボの特徴と口コミ!さらに独自開発の【家庭用脱毛器ホームエディション:Datsumo Labo Home Edition

アンダーヘアを脱毛するデメリット

アンダーヘアを脱毛するデメリット

一方で、アンダーヘアの脱毛には他のパーツにはないデリケートゾーンならではのデメリットがいくつかあります。

アンダーヘアの脱毛は痛みを感じやすい

アンダーヘアの脱毛は痛みが強く出てしまうことがあります。

これはデリケートゾーンの皮膚が薄く敏感なことと、アンダーヘアには黒くて太い毛が多いこと、そういった毛が狭い場所に密集して生えていることが理由です。

光脱毛ではメラニン色素の黒色に反応して光が熱に変わるため、色が濃く太い毛は痛みを感じやすくなってしまいます。

痛みの感じ方は人によってそれぞれですが、
「輪ゴムでパチンとはじかれたような痛み」「痛いというより熱い感じ」
などといわれることが多いです。

ただ、
VIO脱毛も他の部位の脱毛と同じで施術をするうちに毛が細くなったり量が少なくなっていくので、それにともなって痛みも軽くなっていきます。

アンダーヘアの脱毛は恥ずかしい

アンダーヘアの脱毛をためらう理由で多いのが「施術時にデリケートゾーンを見られるのが恥ずかしい」ということです。

デリケートゾーンはふだん人に見せる場所ではないので確かにはじめは抵抗があるかもしれません。

ですが、
実際にはアンダーヘアの脱毛をする時でもデリケートゾーンをそのままさらすということはありません。

アンダーヘアの脱毛の施術をする時は紙ショーツに着替えます。

施術をする時はライトをあてる部分だけショーツを少しずつずらして施術するのでワキや腕などの施術ように肌全部を露出するわけではないんです。

この点を気にする人はとても多いので、配慮しているサロンが多いですよ。

アンダーヘアが欲しくなることもある

当然ですが、一度脱毛してしまうと元に戻すことできません。

これは他のパーツであれば嬉しいことなんですが、デリケートゾーンについてはちょっと悩ましいところでもあります。

というのも、デリケートゾーンは少し毛があったほうが自然に見えたりするためです。

そのため、失敗や後悔をしないためにもアンダーヘアの脱毛は脱毛を始める前の計画がとても大切になります。

完全に脱毛するのか毛を残しつつ量を減らすのか、また、毛を残す場合は形もポイントになります。

逆三角形が人気ですが、スクエア(台形)やタマゴ型など毛の残し方で印象が変わってきます。

医療脱毛を始めるタイミングはいつから(何歳)がベスト?

イビサクリームの口コミと効果:デリケートゾーンケア

アンダーヘアの自己処理は難しい

アンダーヘアの自己処理は難しい

アンダーヘアの脱毛に興味はあるがなかなか踏み切れない、
という時にアンダーヘアの自己処理をする人も多いのです。

ですが、
デリケートゾーンの自己処理は他のムダ毛ケアよりも難しい部分があります。

アンダーヘアが生えているデリケートゾーンは肌がとても敏感なため、
間違った自己処理をすると肌を傷めてしまうことがあります。

ムダ毛をハサミでカットしたり、
電気シェーバーやカミソリなどで削ぐと毛の先が尖ってチクチクしてしまいます。

それがかゆくて掻いてしまうことで肌を傷つけてかぶれたり、
できものができてしまうこともあります。

また、
最近はブラジリアンワックスによる自己処理も人気ですよね。

ブラジリアンワックスは一時的には脱毛の効果を感じられます。

はちみつや砂糖など天然素材をベースに作られているのも人気の理由です。

ですが、
人によっては肌にあわず、
デリケートゾーンの肌に強い痛みや炎症を起こす可能性があるので注意が必要です。

このように、
アンダーヘアの自己処理はなにかとトラブルが多いのでサロンでお手入れをしたほうが肌トラブルを少なく済ませることもあります。

除毛・脱毛クリームのメリットとデメリット・使い方

自己処理はリスクが高い

医療レーザー脱毛では脱毛効果を感じにくいアンダーヘアの白髪ですが、
気になるからといって毛抜きなどで抜くことはやめましょう。
ムダ毛に無理な力が加わると、毛穴が炎症を起こしたり、
痛みや赤みが生じたりする原因になります。
繰り返し抜くと、色素沈着を起こす可能性も。
VIOの毛は太く毛根が深いため、毛を抜くときに皮膚や毛穴に過剰な力がかかり、
ダメージにつながりやすいのです。皮膚の下に毛が埋もれてしまう、
「埋もれ毛」となるリスクもあります。

中には市販の白髪染めを利用する方もいるようですが、
どれだけ肌に優しい成分を使っていたとしても、
元々は頭髪用の商品ですから、おすすめはできません。
肌荒れやかゆみにつながることもあります。
VIOは特にデリケートな部分ですから、市販の白髪染めは使わないようにしてください。
デリケートなVIOのムダ毛処理は、ほかの部位以上に、肌を傷つけないよう注意が必要です。やむをえず自己処理をする場合は、眉用ハサミなどで慎重に切り、できるだけ肌に刺激を与えないようにしましょう。

マタニティインナー(ブラ)  ナイトブラランキング 妊婦抱き枕ヨギボー

アンダーヘアの脱毛にかかる期間

アンダーヘアの脱毛は他のパーツに比べると期間が少し長めになります。

デリケートゾーンは太い毛が密集して生えているので毛を減らしていくのに時間がかかるためです。

効果を感じるまでの施術回数は人によって違いますが、毛が細くなってきたり量が減ってきたと感じ始めるのに約6回ほど、脱毛を完了するのには12回以上の施術をするのが目安です。

光脱毛の場合、施術は毛の生えかわりの周期にあわせて行うのでだいたい3ヶ月ごとになります。

そのため、アンダーヘアの脱毛で効果を感じるには早くても1年ちょっとかかるため、早めに開始するのがおすすめです。

足脱毛のメリットとデメリット、効果が出るまでの期間は?

飲み放題浄水型ウォーターサーバーおすすめランキング
マタニティクリーム
おすすめナイトブラランキング10代20代30代

ハイジーナ脱毛 : V、I、Oライン全てがセットになっている近年流行の脱毛プラン

 ハイジーナ脱毛 : V、I、Oライン全てがセットになっている近年流行の脱毛プラン

ハイジーナ脱毛とは?

ハイジニーナ脱毛とは
V、I、Oライン全てがセットになっている近年流行の脱毛プランです。
海外セレブから人気に火が点いた
新しい「女性のたしなみ」として注目されております。
デリケートゾーンだからこそ安全に丁寧になるべく終わらせられる所でお願いしたいですよね。

ハイジーナ脱毛 はエルクリニックがおすすめ

エルクリニックは開院から14年、
都内でも古株と言っていい美容皮膚科です。
美肌治療には定評がある当院で是非初めてのハイジニーナをお任せいただけませんか?

●カウンセリングは専門医が担当
経験豊富な医師が、毛の量や肌の状態を診て、レーザーの強さを決めていきます。
万が一レーザーの反応が強く出た場合も医師が外用薬を処方するなどサポートも万全です。

●施術は経験豊富な女性看護師が担当
看護師は皆トレーニングを受けており技術チェックでクリアした者が施術にあたります。
痛みやデザインなどお客様の目線でサポートします。

●完全個室でプライバシーに配慮
完全に個室なので、デリケートな部分でも看護師とデザインを相談しながら安心して受けられます。

●衛生面も安心
脱毛用の着替え、紙パンツなど備品はお客様ごとにご用意しています。デリケートゾーンに使用するシェーバー、カミソリは使い捨てにしたり、清潔にはかなり気を付けています。

↓詳細・公式HPはこちらから↓
【エルクリニック】脱毛

VIO脱毛

銀座・新宿の美容皮膚科エルクリニックの肉割れ治療は?

さいごに:アンダーヘアを脱毛するメリットとデメリット【VIO脱毛】

さいごに:アンダーヘアを脱毛するメリットとデメリット【VIO脱毛

アンダーヘアは人目につかないので脱毛でも後回しにしてしまいがちなパーツですが、脱毛することでたくさんのメリットを感じられます。

ただ、アンダーヘアの脱毛は効果を感じるのに少し時間がかかります。

アンダーヘアの脱毛は夏前に興味を持つ人が多いですが、ゆとりを持って早めにはじめるのがポイントですよ。

脱毛前後でチェックしておきたい気になる・気を付けておきたいこと【まとめ】

アンダーヘアを脱毛するメリットとデメリット【VIO脱毛】
妊娠中でも脱毛できる?赤ちゃんへの影響は?
脇の黒ずみ:ワキ脱毛すると肌の黒ずみが消えるって本当?
埋没毛があってもサロン脱毛できる?
脱毛すると脇汗が増えるって本当?【脱毛ワキ汗】
脱毛後のNGアフターケアまとめ
脱毛前後でチェックしておきたい気になる・気を付けておきたいこと
除毛・脱毛クリームのメリットとデメリット
顔脱毛と化粧
肌のシミと脱毛  肉割れ消す ノコア口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました